ドンブログ

アフリカ旅を終えて今、ルワンダにいます

【ルワンダ】インターンはじめました

 

 

 

 

こんにちは!!

 

 

 

Donです!!!

 

 

 

 

さて、アフリカ旅も無事終わり、ゴールの国、南アフリカから向かった先は

東アフリカの国、ルワンダ

 

f:id:dodongadonbee:20181120165949j:image

 

 

 

ルワンダインターンします

と言いつつもうすでに初めてから1ヶ月くらい経っているのですが... 

 

 

 

 

 

ということで今日は、

なぜしがない旅人だったはずの僕がルワンダインターンすることになったのか、ハンカチ必須おなみだ頂戴ヒストリーを公開したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―さかのぼること半年。

 

世界一周行くわ。

大見栄切って日本を飛び出した一人の青年がいました。名をDon。

f:id:dodongadonbee:20181120170334j:image

 

 

僕です。

 

なぜ世界一周に行くのか、Donははっきりした答えなど持っていませんでした。ただ強く思っていたのは海外への憧れ、自分の知らない世界を見てみたい、なぜとは知らず自分の知らない世界に強く惹かれていました。

 

 

 

 

 

ーその一か月後。

 

目の前にいたのは石油王でした。

f:id:dodongadonbee:20181120170916p:image

 ※画像はイメージです。

 

 

 

名をミスターアジス。ブルネイ出身という彼、聞くとフィリピンにバカンスに来たと言います。

そして気づくとDonの手にはトランプが。Donは一介の平凡大学院生でありながら石油王を相手にトランプをしていました。ただのトランプではありません。現金がかかっています。そう、ギャンブルです。みるみるうちにベット額が上がっていきます。最終的にはウン十万円になっていました。Donは常に思っていました。”逃げたい”

 

そこは鉄格子で囲まれた家、後ろにはゴリゴリマッチョボディーガード、ついに逃げ出すことはできませんでした。

 

 

それが詐欺だと気づいたのは翌日のことでした。Donは旅の資金として汗水流して働いた貯金のほとんどを失ったのです。世界一周は強制終了という形で幕を閉じたのでした。

f:id:dodongadonbee:20181120171451j:image

 

 

 

 

 

ー日本に帰国後。

 

本当に自分のやりたいことをやろう。

一年間休学していたDonにはまだ時間がありました。やりたいことを考えました。真っ先に思いつきました。

 

 

アフリカに行きたい。

f:id:dodongadonbee:20181120171952j:image

 

―なぜ?

 

 

一番距離が遠かったからでしょう。物理的にも心理的にも、アフリカは遠い国々でした。そしてそれを知りたいと思いました。

 

 

 

 

すぐにあらゆる可能性を検討しました。 

 

アフリカと言えばボランティアっしょ→参加費高え

ワーホリとかあるのかな→ない

海外インターンエージェントで探してみるか→いや、高え

 

 

「なんで働くのにお金払わなあかんねん。」

簡単に思いついた方法は詐欺後のDonには経済的に厳しく、別の方法を探さざるを得ませんでした。

 

そうして行きついたのがアフリカの日本人事業主に片っ端から声をかけるというものでした。

 

「現在は募集してません。」「1年以上からになります。」断られるのが大半、なんとかスカイプ面接までこぎつけたものの「今回は見送らせていただきます。」お祈りいただいたりもしました。

 

そんな中、こんなポンコツを拾っていただいたのが東アフリカ、ルワンダのとある会社でした。

 

 

 

 

 

 

 

Donはまた日本を飛び出しました。

そう、保険が下りたのです。

それもそこそこ。Donは下りたての保険金を握りしめて飛行機に乗り込みました。次なる目的地へ向けて。

 

ルワンダまでの道すがらアジアやアフリカの国々を周遊し、そうして10月末から念願だったアフリカでの生活、新天地でのインターンがスタートしたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。とまあこんな経緯があったわけです。

 

本記事は三人称一元視点でお送りしました。(あってるかは知らん)普通の書き方に飽きてこんな書き方を始めたら調子に乗ってよくわからん写真まで挿入していました。いざ読み直すととても恥ずかしいです。我ながらよく書いたなと思います。普通に書けばよかったと思います。でも消すのもったいないので投稿します。

 

 

 

というわけで新章スタートです。

皆さま、引き続きよろしくお願いいたします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【インタビュー】世界最恐ヨハネスブルグに面白い人がいたのでインタビューしてみた

 

こんにちは。

 

現在ルワンダで元気にインターン中のDonです。 

 

 

 

アフリカ周遊旅は前回アフリカ最南西端のケープタウンでゴールしました!

喜望峰あー終わったー感だいぶ出ていたのですが、喜望峰に行ったその日中にバスに乗り、20時間かけて南アフリカ最大の都市、ヨハネスブルグにやってきました。スーパー弾丸ケープタウン、ケツカッチンすぎました。ついでに長時間移動で僕のケツもカチカチです。

続きを読む

【アフリカ旅】26日間のアフリカ周遊旅まとめ

 

 

 

こんにちは!

 

睡眠時間の減らし方にハマっております。寝る前に水飲む、フルーツを食べる、夜ごはんを食べない...ウソかホントかわからない迷信たちを試していますがどれも効果がありません。毎日朝眠いです。どうやったら減らせますか。だれか教えてください。 

 

というわけで今日もたくさん寝てしまって元気です。Donです。

 

 

 

f:id:dodongadonbee:20181116050836j:image

 

とうとう旅ブログ最終回です。最後となる今回は26日間のアフリカ旅をまとめます!!

ちなみに現在は東アフリカのルワンダにてインターン中です。次章、アフリカでインターンしてみた、Coming soon

 

 

 

 

ルート

タンザニア

ダルエスサラーム

ダルエスサラーム国際空港からアフリカ旅スタート。ビザ50ドル。タンザン鉄道のチケットがうまく取れず5泊しました。(ほとんどホストの家の子供と遊んでました)

|

タンザン鉄道(60時間、1等、4325円)

線路上でアクシデントがあったらしく、バスに乗り換えての国境越えでした。結果かなり遅延しました。通常は48時間らしいです。

|

ザンビア

カピリムポシ

鉄道がAM3時に到着したため駅で野宿。2時間くらいでミニバスのキャッチに叩き起こされました。勘弁してほしいです。

|

ミニバス(4時間、600円)

車の屋根が異常に低くてずっと首を曲げてました。首こりました。

|

ルサカ

SIMを買って昼飯を食べただけです。

|

バス(8時間、2000円)

エアコンなしで窓を開けていた、かつなかなかの悪路のため車内は砂ぼこりがすごいです。勘弁してほしいです。

|

リビングストン

ザンビア側からビクトリアフォールズ を見ました。乾季の間だけのアクティビティ"デビルズプール"にも行きました。(入場20ドル、デビルズプール75ドル)

|

徒歩(1時間)

橋の上に国境があります。手はジンバブエ、足はザンビアの写真撮りましょう。

|

ジンバブエ

ビクトリアフォールズ 

ジンバブエ側からビクトリアフォールズ を見ました。(入場30ドル) ジンバブエは物価がかなり高いです。(サンドイッチ1500円)ビクトリアフォールズを観光する時はザンビア側に宿泊することをおすすめします。

|

タクシー(17ドル、国境で乗り換え)

有料ヒッチハイクでもいけます。僕はタクシーの運転手からお土産用にジンバブエドルを買いました。0めっちゃ多いです。

|

ボツワナ

カサネ

チョベサファリロッジに宿泊し、ホテルが催行するサファリに参加しました。(国立公園入場770円、陸サファリ3245円、川サファリ2970円)

|

バス(21時間、4573円)

バス会社はIntercape。冷房完備のはずが微弱すぎてあまり快適ではなかったです。

|

ナミビア

ウィントフック 

6泊7日のレンタカー周遊。(合計費用38000円)砂漠、民族、オットセイ、地球の果て感あるとこなどなど、ただ運転しているだけでも景色がとても綺麗です。

|

バス(22時間、5652円)

バス会社はIntercape。Sleeplinerという大型バスで冷房も聞いていてかなり快適でした。

|

南アフリカ共和国

ケープタウン

アフリカ最南西端、喜望峰で旅のゴールっぽい写真が撮れます。南アはヨーロッパと思った方が正しいのでは。というくらにはきれいで都会です。

|

バス(20時間、3603円)

バス会社はIntercape。Sleepliner程快適ではなかったですがまあ及第点です。

|

ヨハネスブルグ

最恐都市と言われるヨハネスブルグ。バスターミナルに到着後、街に繰り出そうとしたらローカルに止められました。危ないから行くな、と。実際はそこまで歩けないというほどではありません。ただもちろん気を付けるべきです。

 

 

 

 

 

 

費用

今回かかった費用は139,920円でした。

※行き帰りの航空券は含んでいません。

そこまで切り詰めたわけではないので節約すればもっと安くなります。アフリカの場合ビザ代と観光費がかなり高いのでもし節約したい場合は行く国や観光地を考えるのもありかもしれません。

 

 

 

ドル収支

アフリカではビザや両替等でドルが必要になります。アフリカ内ではドルの入手が難しい(できてもレートが悪かったりする)ので事前にドルを入手する方がよいかと思います。ちなみに僕の場合はドバイで入手しました。

その時の話は↓

 

持ってきたドルは250ドル、使ったドルは220ドルでした。ビザ代やビクトリアフォールズ、が大半です。行きたい国のビザの金額を調べて計画的にドルを用意していきましょう。

 

 

 

 

 

 

ビザ

タンザニア

観光ビザ50ドル

滞在期間が14日以内の場合はトランジットビザ(30ドル)の発給が可能との記事を見つけたのですが、トランジットで来たなら今そこの飛行機で出てけと皮肉を言われて終わりました。挑戦するだけしてみるといいかもしれません。


ザンビア

シングルビザ50ドル

ダブルビザ80ドル?

タンザン鉄道が途中でトラブルに遭ったためバスでの国境越え、ジンバブエとの共通ビザ(通称KAZAビザ50ドル)が欲しかったのですが、陸路イミグレでは扱ってませんでした。空路入国であれば取得可能かと思います。

 
ジンバブエ

シングルビザ30ドル

ダブルビザ40ドル?

 
ボツワナ

ビザ必要無し

 
ナミビア

ビザ必要無し

ただし入国の際に告げる滞在日数がそのままビザの期限になります。僕の場合、長距離バスで陸路出国したのですが、予定していた滞在日を3時間過ぎてしまい、イミグレでめっちゃ怒られました。次は絶対すんなよと念を押されて出国することができました。ナミビアに入国の際、入国カードに記入する滞在期間は必ず余裕を持つようにしてください。

 
南アフリカ

ビザ必要無し

 

 

 

 

 

 

 

SIM

アフリカは他地域に比べWi-Fiが充実してません。SIMの値段はそんなに高くないので購入をお勧めします。

 


タンザニア

Airtel 1週間有効1.4GB 456円 (カード代込み)

 
ザンビア

Airtel SIMカード単体 100円 +1週間有効1GB 250円 
ちなみにザンビアのAirtelの電波はジンバブエのビクトリアフォールズの一部 、ボツワナのカサネの一部など国境にほど近い場所では電波が入りました。


ジンバブエ

上述のため購入してません。


ボツワナ

上述のため購入してません。

 
ナミビア

MTC SIMカード単体 56円 + 1週間有効1GB 320円

 
南アフリカ

MTN 1週間有効1GB 650円 (カード代込み)

 


基本的にアフリカの電波は街でしか入りませんでした。街と街の間の移動中は圏外となります。ただ速度はWi-Fiより速いです。というかWi-Fiが遅過ぎます。アフリカ周遊中に使ったWi-Fi(四つ星ホテル含む)で3Gより速度が速かったものはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 


物価

ジンバブエのビクトリアフォールズ では観光地ということもありレストラン、宿泊ともに値段はかなり高いです。(サンドイッチが15ドル)

ザンビア側のリビングストンは8ドルでドミトリー(プール付き)、カフェのコーヒーも150円くらいからとそこまで物価が高い印象はありません。街中に安いローカルレストランもいくつかあります。

ザンビア側を拠点にすることをお勧めします。

 


ボツワナナミビア、南アでは宿泊費が上がります。基本的に安宿がありません。

ドミトリーで一泊2000円弱からとなります。

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

ここまでだいぶ雑にまとめて来ました。もしここまで読んでいただいた人がいたならば、なんやわかりづらいな、全然まとまってないやんけ、と思われたと思います。申し訳ございません。いろんなブログや情報と比較していただいて、少しでもアフリカに行きたい人のお力になれていれば幸いです。

またこんなつまらないブログを定期的に見てくださっている僕のお知り合いの皆様(アクセスのほとんどはマミーかな)、アフリカまとめ興味ないわ!って思われたと思います。申し訳ございません。せっかくここまで読んでいただいたのならば僕に睡眠時間の減らし方を教えてください。

 

 

 

【南アフリカ】アフリカ旅終わりました

 

こんにちは!

 

 

たまーに何か突然連絡が飛んで来たりするととても嬉しいものです。

どうも、Donです。

 

 

アフリカ旅ゴールした話!!!

f:id:dodongadonbee:20181110083350j:image

 

 

 

ナミビアから南アフリカ共和国ケープタウンへ向けて出発!!
f:id:dodongadonbee:20181110221751j:image

22時間のバスの旅!!

 

 

INTERCAPEの sleepliner

f:id:dodongadonbee:20181110221744j:image

超快適でした。まず二階建てでした。また乗りたい。

 

f:id:dodongadonbee:20181110231328j:image

中はかなり広くて座席もフカフカです。大当たりバスでしたね。長時間のバスも苦じゃなかったです。


f:id:dodongadonbee:20181110221803j:image

雑に買ったスーパーのお惣菜を食べます。

 

 

 

 

気づいたらもうこんな時間!!

着いたぜ南アフリカ!!ケープタウン!!

f:id:dodongadonbee:20181110232327j:image

都会やーーーアフリカじゃないー

 

 

 

 

ということで


f:id:dodongadonbee:20181110232315j:image

 

車借りました。

 

いや、もう完全に味をしめています。車楽すぎです。観光地まで自分の好きな時に自由に行けるし、普通に街並み見るの楽しいです。ドライブ好きです。

 

 

 


f:id:dodongadonbee:20181110232339j:image

洒落てるぅ


f:id:dodongadonbee:20181110232415j:image


f:id:dodongadonbee:20181110232352j:image


f:id:dodongadonbee:20181110232345j:image

 

ケープタウンはリゾートですね。

わーい海だーって入ろうとします。キンキンでした。泳いでる人はほぼいません。クレイジーです。キンキンなのはビールだけにして欲しいです。

 

 

 

 

夜はケープタウンで有名と思われるレストランで(宿の目の前にあっただけ)


f:id:dodongadonbee:20181110221827j:image

洒落てるぅ

 


f:id:dodongadonbee:20181110221821j:image

ここで注文したのがアフリカ肉盛り合わせ

  • ワニ
  • スプリングボック(鹿みたいなやつ)
  • ダチョウ
  • クドゥ(大きめの鹿みたいなやつ)
  • イボイノシシ

 

 

肝心の味の感想ですが、食にはうるさい僕の超主観で言うと、

上から順に

  • 臭い牛

 

 

 

て感じでした。めちゃおいしかったです。

この日はビール飲んで寝ました。めっちゃいい一日やん。

 

 

 

 

翌日...

 

 

 

ペンギンで有名なボルダーズビーチに行きます。ここには普通に野生のペンギンがいます。
f:id:dodongadonbee:20181110221957j:image

かわいい


f:id:dodongadonbee:20181110221949j:image

かわいい


f:id:dodongadonbee:20181110221811j:image

めっちゃいました。

 

 

 

ちなみにここはペンギンなんてどうでもよくなるくらい風が強いです。砂浜×強風、最強の組み合わせだと思います。吹き付ける風によって砂がまるで弾丸のように全身を襲うんです。まじで痛かったです。ちなみにお値段80ランド約640円です。高いです。懐も痛いです。

 

f:id:dodongadonbee:20181110234942j:image

こいつらもみんな我慢してるのかな

 


f:id:dodongadonbee:20181110221929j:image

帰りはフィッシュ&チップス食べました。フィッシュ&チップス屋だらけです。だいぶイギリスを感じます。

ただの揚げた魚とポテトやんって思ったんですけどめちゃうまかったです。

 

 

 

 

次は喜望峰

f:id:dodongadonbee:20181110221912j:image

いよいよ今旅のゴールです。

 


f:id:dodongadonbee:20181110235529j:image

登ります


f:id:dodongadonbee:20181110235534j:image

絶景

 


f:id:dodongadonbee:20181110221853j:image

やべぇ落ちる!!

みたいなトリック写真撮ろうぜと言い出したおだっち、本当に落ちそう、普通に危ない。


f:id:dodongadonbee:20181110221936j:image

パート2。ちょっとぽいけど全然足ついてます笑笑


f:id:dodongadonbee:20181110221714j:image

こんな景色を見ながらああ世界の端っこにきたとしみじみ耽ります。超贅沢な時間だと思います。

 

 

1ヶ月かけてアフリカ南部をいろいろ周ってきました。とうとう終了です。

 

 

いやー寂しいなー終わっちゃうんかー、て思っていただけたら嬉しいです。僕自身はそんな寂しくないです笑 やっと終わりかって感じです。所詮1ヶ月だけでしたが、内容が濃すぎてもっと長く感じます。

 

といいつつまだヨハネスブルグ(南アの別の都市)残ってます。でも喜望峰てなんか端っこだしゴール感があるのでここゴールにします。なのでこれ以降は番外編になりますね。

とりあえず無事ここまで来れたことに感謝。

 

 

 

THE END

f:id:dodongadonbee:20181110083350j:image

 

 

 

 

 

 

 

【ナミビア】濃ゆいレンタカー旅6泊7日まとめみる

 

どうもDonです!

 

今日はナミビアでの6泊7日レンタカー旅をまとめます。だいぶ濃厚でした。

 

 

 

ナミビアレンタカー6泊7日の旅!!!

f:id:dodongadonbee:20181025015834j:image

 

 

 

 

ルート

1日目

12:00 ウィントフック出発

      ・DUNE45から夕日を鑑賞

18:30 セスリムキャンプサイト

 

2日目

5:30 セスリムキャンプサイト

     ・デッドフレイから朝日を鑑賞

     ・ウォルビスベイでフラミンゴを鑑賞

18:00 カメレオンバックパッカーズ(スワコプムント)着

 

3日目

9:00 カメレオンバックパッカーズ(スワコプムント)発

     ・ムーンランドスケープ(月面世界)を鑑賞

     ・ウェルウィッチア(1000年以上生きる植物)を鑑賞

     ・ケープクロスで大量のオットセイを鑑賞

17:00 ケープクロスロッジ着

 

4日目

9:00 ケープクロスロッジ発

     ・ヒンバ族の村へ

18:00 Aameny rest camp(オプウォ)着

 

5日目

9:00 Aameny rest camp(オプウォ)発

     ・エトーシャ国立公園でサファリ

18:00 ombinda lodge(Outjo)着

 

6日目

9:00 ombinda lodge (Outjo)発

13:30 ウィントフック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

費用

*1ナミビアドル=8円として計算

 

レンタカー 15646円

レンタカー6泊7日 78232円を5人で割って1人あたり15646円。

なお、ガラスタイヤ保険、返却時の清掃費用(800円)を含む

 

 

その他費用 22960円

レンタル費用(テント、炊事道具、ガス)
食費(主に自炊)

宿泊費(キャンプサイト)平均1200円

観光費(パーミット)

ガソリン代    など

 

 


合計 38606円

 

 

 

 

 

 

遭遇したトラブル

 

車をぶつける

ナミビアでのドライブは悪路が故に事故率が75%とも言われています。僕らは事故には遭いませんでしたが、

途中で宿の門にぶつけて車に傷をつけてしまいました。

あ、ちなみに宿の門が電動でちょうど出庫しているタイミングで閉まってきたためです。悪いのは宿です。(都合いい)

 

 

レンタカーは大手のHertzという会社で借りました。車に傷を付けた時のデポジットとして92000円とられていました。

つまり傷をつけてしまっている以上、このデポジットからいくらかとられることは必至です。改めて車を見ます。

へこんでいます。

すみません。写真ないです。焦りすぎて撮るの忘れました。

日本の感覚でいったら修理代と修理に出している間の損益額を合わせて...

 

...

 

92000円全額戻ってこないな

 

 

覚悟しました。5人で割ったら18400円です。高い勉強代です。まあでも旅にトラブルはつきもの。しゃーない。割り切ろう。そう思いました。

 

 

そして6日後、

ドキドキの返却。

 

 

奇跡的にバレませんでした。

 

 

(ガバガバすぎやろ...)

 

 

 

 

 

 

 

ガス欠寸前に

4日目にケープクロスからスケルトンコーストを通ってオプウォに向かう途中、ガソリンスタンドがほとんどなく、給油することができませんでした。

f:id:dodongadonbee:20181104033939j:image

 

きゅ..給油ランプついてる...

 

目的地オプウォまではまだ1時間以上。その途中に給油できるような街もありませんでした。

やばいな

ゲストハウスを見つけました。5kmほどのガタガタダート山道を乗り越え(まじで四駆でよかった)なんとかゲストハウスにたどりつきました。

 

おじさまにガソリンを分けていただけないか交渉します。

OK. It's my pleasure.

 

割高でしたが、ガソリンを売っていただきました。本当に感謝です。助かりました。

 

 

 

 

ゲストハウスがなかったら...

四駆じゃなかったら...

おじさまpleasureじゃなかったら...

ガソリンスタンドを見つけたら余裕を持って給油しておくことをお勧めします

 

 

 

 

 

パソコン盗られた

ナミビア(特にウィントフック)は普通に治安が悪いです。ウィントフックの安宿cardboard boxに宿泊している時、

部屋に置いていたSurfaceを盗難に遭いました。

f:id:dodongadonbee:20181104035203j:image

 

 

他にも同じ宿の日本人が昼間の大通りで刃物(ニセモノ)を突きつけられて金を脅し取られそうになった(勇敢にも撃退したそうです)という話も聞きました。治安が悪いです。

自分の身とパソコンは自分で守りましょう。

 

 

 

 

 

 

感想

ナミビアはとても面白かったです。基本的に他のアフリカ諸国に比べて都会です。なのにちょっと町の外に出るとまるで地球の果てのような素晴らしい景色が広がっているんです。

 

ただただ広い荒野、赤く染まる砂漠、大量発生しがちな動物たち、見たこともない民族、

 

トラブルもあったけどそれも含めてとてもいい思い出です。普通にもう一回行きたいです。

 

 

f:id:dodongadonbee:20181025015631j:image

 

 

パソコン戻ってこないかなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ナミビア】この世界にポケモンがいたならば僕もポケモンマスターを目指しただろう

 

 

 

こんにちは!

 

僕はカラオケが好きです。友達とも行くし1人でも行きます。アルコールが入ってたらなお良しです。海外に出ていると誇るべき日本の文化を意識させられるものです。(つまりカラオケ行きたい)

 

というわけで、どうもDonです。

 

 

 

 

 

 

さて、みなさん。

アフリカと言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

 

 

 

 

そう、今回はアニマルです。

 

 

 

 

 

ナミビアをレンタカーで周遊していた僕たち。

 

 

 

数多くの動物たちに遭遇しました。というわけでナミビアで出会った動物たちまとめです。

 

 

 

 

 

 

 

①ワルヴィスベイ

 

f:id:dodongadonbee:20181102052104j:image

大量のフラミンゴです。

 


f:id:dodongadonbee:20181102052004j:image

モンスターボールではなくパンを投げるげんさん。

 


f:id:dodongadonbee:20181102022825j:image

動くときは足並みを揃えて群れで動きます。その動きはさながら日大の団体行動のよう。素晴らしい連携プレーでした。

 

あ、どうでもいいんですけど生まれて初めての

大西洋

だからって何も変わらないんですけど、あ、ほんとに端っこに来たもんだな〜と思ったりしました。

 

 

 

 

 

ケープクロス 


f:id:dodongadonbee:20181102022737j:image

おっと?

 


f:id:dodongadonbee:20181102022815j:image

オットセイです。

 

 

f:id:dodongadonbee:20181102022655j:image

こちらも大量発生。

 

 

いやーここ。

オットセイかわいいーとかモフモフしてるーとか全てどうでもいいです。

臭いがえぐすぎるんです。

生臭さ、獣臭、腐敗臭らが混ざり混ざって今までに嗅いだことのない本当にとてつもなく不快な臭いが充満しています。

 

 


f:id:dodongadonbee:20181102022723j:image

 

初めて臭いで具合悪くなりました。

僕が今まで嗅いだ中で世界で一番臭い場所です。(そんな言うほど世界まわってないけど)

 

 

 

 

 

 

 

ここからは写真のレベルが格段に上がります。げんさんが望遠レンズで撮った写真たちです。僕は望遠レンズを持っていません。望遠レンズは言わばハイパーボールです。遠くにいる動物たちもきっちり撮り収めることができます。僕のモンスターボール(標準ズーム)ではせいぜい数メートル以内が限界です。羨ましいです。

 

 

 

 

エトーシャ国立公園

 

ここエトーシャ国立公園は自家用車で入ることができるです。ツアーじゃないんです。自分たちの好きなところで好きなだけ動物を見ることができます。

 


f:id:dodongadonbee:20181102022756j:image

長い角を持つオリックス

 


f:id:dodongadonbee:20181102022807j:image

馬ではなく完全にロバなシマウマ。

 


f:id:dodongadonbee:20181102022641j:image

でかい。ゾウ。

 

 

f:id:dodongadonbee:20181102022834j:image

僕の膝と同じ柄のキリン。(乾燥肌のため)

 

 

 

 

望遠レンズすごいです。なんで持ってないんやろって思うくらいサファリには必須アイテムです。げんさんありがとうございます。

 

 

 

 

 

(日本に帰ったら(帰らなくても)カラオケに行きたいです。)

 

 

 

 

Good bye!!!

 

 

 

 

 

 

【ナミビア】絶景の連続できっとあなたもナミビアに行きたくなる

 

 

こんにちは!!

 

 

乾燥肌がひどすぎて脚がキリン柄です。クリーム塗り始めました。元気です。Donです。

 

今日はナミビアの絶景まとめ!!!

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

DUNE45

ナミビアといってもなんといってもナミブ砂漠!!中でもDUNE45は夕日の名所として有名です。夕日が当たって赤みを帯びるナミブ砂漠。絶景でした。

 


f:id:dodongadonbee:20181031044027j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043906j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043730j:image

 

f:id:dodongadonbee:20181101060915j:image


f:id:dodongadonbee:20181031044039j:image

 

 

 

 

デッドフレイ

クレイジージャーニーでヨシダナギさんがここを訪れてるのを見ていつかは行きたいなーと思ってた場所。周り砂漠なのに急に岩の地面とそこに生える悲しげな木々。なんとも寂寥感漂う奥ゆかしさ。

 

f:id:dodongadonbee:20181031031111j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043857j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043817j:image

namibの人文字ですね。ただ肝心の木が完全に邪魔です。


f:id:dodongadonbee:20181031043753j:image

その隣にはビッグダディというかなり大きい砂漠もあります。


f:id:dodongadonbee:20181031031241j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043613j:image

道で砂に取られました。結構出るの大変です。通りがかりの知らないローカルに助けてやるから金よこせってめんどくさいことになります。ジョークかもしれません。だとしたらタチ悪いです。僕たちはめっちゃ押して脱出しました。

 

 

 

 

 

ムーンランドスケープ(月面世界)

まさに月面のような大地。ボコボコとした丘が視界いっぱいに広がっています。まるでジャンプ系の悪者が街を吹き飛ばしたような景色です。


f:id:dodongadonbee:20181031043834j:image

結構高低差あります。


f:id:dodongadonbee:20181031044013j:image

げんさん、世界一強いやつ感出てる


f:id:dodongadonbee:20181031044050j:image

ゆいさん、オラに元気を分けてくれ感


f:id:dodongadonbee:20181031043937j:image

真似して見たけど強いやつ感でない僕


f:id:dodongadonbee:20181031034039j:image

織田信成感でるおだっち


f:id:dodongadonbee:20181031034103j:image

個人的には童心をくすぐられる魅力的な場所でした。

 

 

 

 

 

ウェルウィッチア

ウェルウィッチア。和名キソウテンガイ。1500年以上生きる植物です。1500年。想像もつかないほど長い時間生きている化石のような植物。どんな姿形をしているのだろう。わくわくしながら車を走らせました。

 

f:id:dodongadonbee:20181031034056j:image

円の中には入るなとな


f:id:dodongadonbee:20181031033935j:image

んー

 

f:id:dodongadonbee:20181031034048j:image

んーこれが1000年以上生きてるのかー(思ったよりしょぼいな...)


f:id:dodongadonbee:20181031034227j:image

ん?

 

f:id:dodongadonbee:20181101012945j:image

だれだいたずらしたの

 

f:id:dodongadonbee:20181101060510j:image

これが一番大きいやつ


f:id:dodongadonbee:20181101060504j:image

1500年以上生きてる超長生草

 

 

 

 

 

ヒンバ族の村

北部のオプウォの街を目指して車を走らせていました。すると途中でいかにも民族が住んでそういうな村を通りました。よく見ます。ん?

お?

あれ?

ヒンバ族じゃん。

 

というわけでたまたま通りかかった村でヒンバ族と記念撮影してお土産を買いました。ちなみに観光客来すぎてビジネス上手になっています。めっちゃお土産勧められます。写真はもちろんお金かかります。

 

 

f:id:dodongadonbee:20181031043642j:image

通りかかった村

 

f:id:dodongadonbee:20181031044059j:image

記念撮影

 

f:id:dodongadonbee:20181031043921j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043845j:image

オプウォの街(そこそこでかい街)には普通にヒンバ族やその他の部族が歩いています。ドラクエの世界にいる気分になりました。

 

この街で車を停めるとこうなります。

f:id:dodongadonbee:20181031043655j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043719j:image


f:id:dodongadonbee:20181031043742j:image

※お土産を買っています

 

 

とまあどこも刺激的な場所でした。

(申し訳ないですが、ウェルウィッチアだけは期待はずれ感が否めないです。)

 

日本で生きてるとこんな場所見ることなんてありません。テレビで見るくらい。そのテレビで見た場所が眼前に広がっている。これってすごいもので、ただ車を走らせているだけで異常な高揚感があるんです。ああ自分の知らない世界にいる。

 

そんな風に思えたナミビアでした。