ドンブログ

ドンブログ

アフリカ旅を終えて今、ルワンダにいます

【フィリピン】自分の求めるものとは



f:id:dodongadonbee:20180719131456j:image

自分はどうあるべきなのか。

こんな抽象的でクリティカルな問題に今、非常に悩んでいます。

はい今回はめちゃseriousです。

今までとだいぶ毛色違います。

どうしたんおれって感じです。

 

 

 

2ヶ月前、世界一周すると言って日本を飛び出してきました。いろいろあって今週末帰国します。

 

 

なぜ、世界一周しようなんて思ったのか。旅が好きだから?自由を得たいから?

 

 

なぜでしょう、正直言うと自分でしたいと言って飛び出してきたのに、早く帰りたい。早く終わらないかな。と考えてました。一人で異国をさまよっているときのどうしようもない孤独感、その日の泊まる場所すら決まっていない不安感、自分はこれほどまでに弱い人間かと痛感しました。旅はもちろん好きです。これはスタイルの問題です。フィリピンのバリリという田舎町に2週間滞在しました。何もありませんがそこには人の優しさが溢れていました。寂しさなんてありませんし、移動しないのだから居を不安に思う必要もありません。

 

あまり移動の多い旅より一箇所に根を張ってディープな現地を味わうのが僕の性に合っていると感じました。

 

 

 

ではなぜ世界一周しようなんて言ったのか。

 いろんな要素があるうちの一つと感じるのが承認欲求です。他者から認められたいと思う気持ちです。僕は自分に自信がありません。イケメンに生まれたかったとモテモテのO木君を見て劣等感を感じることもあります。自身がない故に他者から認められたいと思うのだと思います。例えばファッション。着るものなんて正直隠れているところが隠れていればなんでもいいんです。ただの自己満足なので。評価するのは他者です。他者によく思われるために着飾るわけです。僕は着飾って着飾って少しでも他者からチヤホヤされたいなんて考えてました。他の例として、就職活動もあります。私の志望は総合商社"でした。"(今は迷子です)今でもなお人気業界で給料もよく、合コンに行けば一種のステータスにもなるでしょう。もちろん難易度は高いです。それでも目指してました。いろいろ理由はありますが、入ったらすごいからなんていう浅はか承認欲求があったのも確かです。

 

 

世界一周もそうです。世界一周なんて強いワード、実現できたら多くの人はすごいねって僕を認めてくれるだろうと思います。それがために世界一周なんて言ったのだと思います。

 

 

 

これはいい機会です。日本でしばらく自分の本当に求めるものを考えたいと思います。いやーたまにはまじめな内容も書いていこうかなーなんて思ってます。