ドンブログ

アフリカ旅を終えて今、ルワンダにいます

【エチオピア】エチオピア航空レイオーバーのすゝめ


こんにちは!

Donです!!

 

 

 

2019年、平成最後らしいですね。

 

そんな2019年元旦はエチオピア行きの飛行機を待つラウンジで一人寂しく迎えました。実家で蕎麦食べたかったなあ

 

 

 

さて、ルワンダから日本に帰国する際、エチオピアアディスアベバを経由しました。

f:id:dodongadonbee:20190114124252j:image

 

 

 

ややありましてアディスアベバ観光が格安でできたので今回はその経緯をご紹介します!!!

 

 

 

 

 

 

何が安くなったの

 

エチオピアは通常、ビザが50ドルかかります。

今回、それが無料になりました。

というかプラスでホテル、食事×3、空港ホテル間の移動費

までついてきました。

 

 

 

これらすべてエチオピア航空のレイオーバーの特典です。

 

 

 

 

格安観光までの経緯

飛行機チケット手配ミス


ー2週間前のことでした。

そろそろ飛行機とるかーとスカイスキャナーを見る僕、見つけました。1月1日が安い。ルワンダ日本が5万。元旦かー。まーいっかー。

 


そもそも迷えるほど日数に余裕がなかったので1月1日で5万円の航空券をとりました。

 

 


ー翌日

 

あれ?これ、時間ミスってね?

 

気づきました。

本来、16時発の飛行機をとるはずが、午前1時発、エチオピア乗り換え16時間待ちの飛行機をとってしまっていました。

すぐに電話で変更できないか確認しました。変更には50ドルかかると言われました。

 


え、それならもはや16時間で

アディスアベバ1日観光すればいいじゃん!

 

 

 

 

そこからエチオピア航空の乗り継ぎシステムについていろいろ調べました。

 

エチオピア航空ホームページ

乗り継ぎ時間8時間以上の方にはビザ、ホテルバウチャーを用意しています。(やむを得ない場合)


エチオピア航空に電話

キガリ(ルワンダ首都)のオフィスの管轄なのでそちらに確認してみてください


エチオピア航空キガリオフィス

70ドルでエチオピアのビザ、ホテル、ホテルまでの移動(往復)がつきます。

 

 

 

とこういった返事をいただきました。

 

70ドル払ってホテルと移動が付くならそれでいいかなぁ。

 


そう思っていました。

そうです、結果としてこの70ドルが無料になったんです。

 

 

 

 

 

手記を載せてみる

え?決してまとめるのがめんどくさいからそのまま載せるとか決してそんなんじゃないですよ。ほら...こっちのほうが...僕のこう...リアルが...伝わると思いましたので...

 

ー12月31日23時。

忘年会のアルコールを体に残しながら空港のチェックインカウンターへ。具合が悪い。

預け荷物2つまで無料につきバックパックとお土産を適当に入れた段ボールを預けようとする。

 

 


包装が適当すぎて受け取れないよ

 

 

 

 

断られた

 

 

じゃあどうすればいいんだと聞くと、あそこにいる係員に聞いてみろとのこと。

その係員はだるそうにテープを取り出して5000フラン(700円)を要求。2000フラン(260円)しかないと財布の中を見せるとしょうがないからそれでいいよと。いい商売だな。

 


荷物を預けて近くにあったエチオピア航空のサービスカウンターでバウチャーについて聞く。アディスアベバの空港で聞けとのこと。エチオピア航空キガリオフィスではキガリの空港で聞けと言われたのに話が違う。

その後チェックイン、荷物の大きさはチェックされなかった。(明らかに小さいからかも)

その後パスポートコントロールへ。イミグレの職員にエチオピアで16時間乗り継ぎだが入国できるか聞くと、それは無理だと言われる。whyと聞くとアディスアベバで聞いてみろと言われる。

 

 

 

そこで気づく。VISA代を払うお金が預け荷物の中だ。急いで戻る。チェックインのスタッフに聞くとかなり渋々荷物を取りに行ってくれた。完全に自分が悪い。感謝。サンキューベリマッチ。

 


というわけで無事パスポートコントロールを通過。その後は荷物チェックもなし。ゆる。

ラウンジにて1時間休憩。離陸時間の15分前にゲートが閉まるとのこと。いや、ゆる。

 

 

ラウンジで新年を迎える。

あー2019かーとちょっと感慨深い。コンベンションセンター付近でバンバン花火が上がってる映像が流れた。あー1人さみしー

 

 

アディスアベバ到着。着いて少し行くとエチオピア航空のサービスカウンターがあったのでそこでバウチャーについて聞いてみる。

 

 

 

ドキドキ...

 

 

 

あっさりバウチャーをくれた笑笑

 

 

 

これは嬉しい。70ドル浮いた。

 


それを持ってイミグレへ。普通に何も払わずにVISAをくれた。最初はちゃんと押されたのか不安だったが、見てみるとちゃんと押されていた。

 

バウチャーにはDebre Damoホテルと書いてあった。外にいるホテルのスタッフに話しかけるように言われ、そんな人いるのかと思ったが、空港内にはいろんなホテルのスタッフがいた。インド人が一緒だった。その人と一緒に待つ。ピックアップバスは全然来なかった。30分ほど待ってやっと来た。ホテルに案内される。朝昼夜付き、部屋もそこそこ綺麗、これでただはまじですごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

いざ読み返してみるとめっちゃ読みづらいです!すみません!

手記の内容含めて簡単にまとめます!

 

 

エチオピア航空のバウチャーサービスは8時間以上の乗り換え時間がある乗客に有効。(70ドル払ったという記事も見たのでこの辺はよくわかりません。運でしょうか。エチオピア航空の管理の問題でしょうか。)

バウチャーサービスの内容は、

ビザ、ホテル、食事×3、ホテル空港間の往復移動

これらすべてが無料となります。

 

 

実際僕が使ったのは現地での細かい移動と外で買ったお土産くらいです。

 

 

出国まで何も問題なくできました。

6時から20時までアディスアベバ観光を堪能しました。

 


エチオピア航空に限らずですが、もし時間があるならこういった航空会社のサービスは積極的に使っていきたいところですね!